ロジカルノーツ - logical notes

自分の言葉でものを伝えよう

音節にうるさいイタリア語

英語フランス語ラテン語ギリシア語ヘブライ語を学び、現在イタリア留学中「とあるキリスト教教会関係者」さん。

 

www.logical-notes.com

www.logical-notes.com

www.logical-notes.com

www.logical-notes.com

www.logical-notes.com

 
多言語学習の経験者として、イタリア語の勉強はどのようなものなのかを書いてもらいました。


f:id:logicalnotes:20200528113848j:image

音が微妙に違う単語

 


私の感触なので、本当かどうかはわからないが、感じたことを書いてみたい。前にも述べたが、イタリア語は、フランス語英語と違って(私の独断と偏見)音節かなり大切にする。

 

www.logical-notes.com

 
フランス語音の特徴として、鼻母音が挙げられるだろう。さらに、「リエゾン」と言われる音を繋げる読み方に、フランス語学習者は苦労すると思う。英語も、イタリア語ほど音節を意識して発音しない同じアルファベットを使う言葉なのに、どうしてこんなに違うのかは、私の能力を超えるのでここでは扱わない、いや扱えない。


日本語と比べてみたい。日本語は、五十音と言われるぐらい、イタリア語と比べてそもそも「音が多い」のだ。だから、ちょっと音を間違っても、言葉の意味をフォローすることができるのではないか。


例えば、イタリア語にはslacciare(ほどく・解く)stracciare(引き裂く)という単語がある。後半のcciareは同じだが、slastraの違いで意味が変わってしまう。あえてカタカナ表記をしてみると、「スラッチャーレ」「ストラッチャーレ」になるだろう。読んでみるとわかるが、「ト」をはっきり言うのはなかなか難しい


別の例を挙げよう。


o Dio「おお神よ」だが、addio「(永遠に)さようなら」である。キツイ状況に置かれている人に、同情する意味で「O Dio」と言ったつもりが、「addio」と聞こえてしまったら、その人は突き放された気になってしまう。


他にも、音が微妙に違う単語は多い。山羊capra「カプラ」だが、carpa「カルパ」である。


特に意識して調べたわけではないが、この数日でこれだけの単語を見つけた。

 

  • viaggio「ビアッジョ」(旅)、villaggio「ビラッジョ」(村)
  • corna(pl)「コルナ」(角)、corona「コロナ」(王冠)
  • macchina「マッキナ」(機械・自動車)、macchia「マッキア」(染み)
  • lesso「レッソ」(ゆでた)、leso「レソ」(損害を受けた)
  • tagliare「タイアーレ」(切り離す)、togliere「トリエレ」(奪う)
  • rischiarare「リスキアラーレ」(照らす)、rischiare「リスキアーレ」(危険にさらす)


また、お祈りの中で、「re immortale」(レ インモルターレ)と読まなければいけないところを、「re immorale」(レ インモラーレ)と読んでしまった。前者は「不滅の王」で、後者は「不道徳な、不品行な王」である。

 

日本語で同音異義語が果たす役割

 


ここからは、勝手な仮説だが、日本人は、イタリア人より、「融通が利く」のかもしれない。少なくとも私の知っている日本人については、そう言える。私は「同音異義語」が大きな役割を果たしているのではないかと考えている。


「ショウメイ」、「イドウ」、「カイホウ」・・・それぞれ漢字に変換しようとすると、いくつかの候補が挙げられる。しかし、ある場合にどの漢字が正しいかは、前後の言葉に左右される。おそらく、日本語を話す際は、この「前後の言葉」を知らず知らずのうちに意識しているのではないだろうか。だから、多少単語を間違っていても、「なんとかなる」のである。


「たとえば」「たえとば」のように表記するなど、ことばの順番を入れ替えていても、気づかずに読んでしまう事例がある。悪く言えば、「サーッ」と流し読みをしていると言えるだろう。

 

逆の立場になって気づくこと

 


こちらの新聞で、日本のことが記事になっていた。「Hikikomori」について書いてあったのだ。


あとで、友達のイタリア人が、「Hikikomori」と言おうとしているのだが、発音がおかしかった。そこで、私は普段言われている「音節」を持ち出して、「Hi, ki, ko, mo,ri」一音ずつ教えてみた。彼は「Hi」と言っているつもりなのだが、「Hi」になっていない。


この「自分では言っているつもりだが、相手には届いていない」という感触、いつもは私が「言う側」だった。しかし、自分が「聞く側」になって初めて、「あぁ、今まで友達が私に指摘していたのはこういうことだったのか」とわかった気がする。


まだまだ難しい、LとRVとBの違い、「自分では言っているつもりだが、相手には届いていない」んだなということを実感できた。

 

(とあるキリスト教教会関係者)

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。