ロジカルノーツ - logical notes

自分の言葉でものを伝えよう

【新高1生の方へ】自習用問題&解説

f:id:logicalnotes:20200322171028j:image

高校入学前に「英語」の復習を

 


新高1生の方にとって、入学前の学習はとても重要です。高校で習うものは、中学校のそれよりも広く、かつ、深くなります。これまでにやってきたこととのギャップに戸惑い、うまく適応できない方も少なくありません。「半年後には成績の順位が大逆転」ということは珍しくないのです。


4月から高校生になる方には、いまの時期だからこそ、「英語」の復習(余裕があればちょっとした予習)をしてほしいと思います。

 

なぜ「英語」か?

 


英語は必修科目です。授業数も多く、英語の授業で「つまらない」「わからない」と感じる時間が長ければ、せっかくの高校生活を楽しめなくなるおそれがあります。


また、文系理系問わず、英語は大学受験で必要になります。「国語苦手だから理系に」「数学苦手だから文系に」というわけにもいきません。しかも、理科(化学・物理・生物・地学)や社会(世界史・日本史・倫理・政治経済・地理・現代社会)のように、興味あるもの/得意なものを選択できるわけではありません。

 

なぜ「復習」か?

 


高校英語は中学英語が基礎になります。基礎が固まっていないと、うまく積み上がりません。


「高校入試で頑張ったし、いまさら中学英語の復習とかいらないっしょ」


「こんなのあったなあ」という確認だけでも意味があります。むしろ、それが復習というものです。「人はすぐに忘れる」ということを、自分にもあてはめられる強い人が大学受験で満足いく結果を勝ち取ります。


もちろん、大学受験がすべてではありませんが、高校英語の習熟度は、人生の選択肢の「数」に影響すると言っても過言ではありません。数年後にやってくる高卒後の生き方を考える時期に、「なにかを諦める」要因を1つでも減らす取り組みは、自分自身を大切にする営みだと思います。

 

www.logical-notes.com

 
この前回の記事では、新高1生への受験指導経験が豊富な、高校1・2年生を対象とした医学部予備校トライアルゼミ宮澤代表(指導科目:英語)のお話を紹介しました。

 

新高1生は動詞の活用形を復習すべきだということでしたので、宮澤代表にもらった【入学前におさえておきたい活用形まとめ】を公開しました。

 

medical.trial-seminar.co


新高1生の方に向けた【自習用問題&解説】も頂戴しましたので、今回はそれを公開させていただきます。

 

中学英語の復習に加え、高校英語の準備も含めた問題も入っています。知らないことがあれば、入学前に調べておくと、高校英語の勉強がスムーズでしょう。

 

疑問文と答えの関係をつかむ

 


次の問い(1~5)の[ ]に適語を入れなさい。

 

1.[ ] do you like better, baseball or soccer? ―― Soccer.


【解答】Which

【和訳】野球とサッカーでは[どちらが]好きですか。ーー サッカーです。

 

2.[ ] do they live?  ―― In Hokkaido.


【解答】Where

【和訳】彼らは[どこに]住んでいますか。 ーー 北海道です。

 

3.[ ] car is this?  ―― It’s Mike’s.


【解答】Whose

【和訳】これは[誰の]車ですか。 ーー マイクのです。

 

4.[ ] do you come to school? ―― By bus.


【解答】How

【和訳】[どのようにして]学校に行きますか。 ーー バスでです。

 

5.[ ] did you come?  ―― Because I wanted to see you.


【解答】Why

【和訳】あなたは[なぜ]来たのですか。 ーー (なぜなら)あなたに会いたかったからです。 

 

暗記してほしい表現

 


次の問い(1~5)の[ ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ以下の①~④のうちから1つずつ選びなさい。

 

1.I was much surprised [ ] the result.

 

① at
② by
③ to
④ of


【解答】① at

【和訳】私はその結果に非常に驚いた


be surprised at ~:~に驚く

 

 

2.He didn’t know such a thing [ ] all.

 

① of
② in
③ at
④ by


【解答】③ at

【和訳】彼はそんな事を全く知らなかった


not ~ at all:全く~ない

 

3.My hat is quite different [ ] yours.


① from

② in

③ of

④ into


【解答】① from

【和訳】私の帽子はあなたのもの(帽子)とかなり違います


be different from ~:~と異なる

 

4.Mt. Rokkou is covered [ ] heavy snow.


① at

② by

③ of

④ with


【解答】④ with

【和訳】六甲山は大雪に覆われている


be covered with ~:~に覆われている

 

5.She can play either tennis [ ] baseball.


① and

② or

③ nor

④ than


【解答】② or

【和訳】彼女はテニスか野球のどちらかができます。


either A or B:AかBのどちらか

 

英文法の重要ポイントを見抜く!

 


次の問い(1~20)の[ ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ以下の①~④のうちから1つずつ選びなさい。

 

1.We will go on a picnic if it [ ] fine tomorrow.


① is

② will be

③ be

④ was


【解答】① is

【和訳】明日晴れれば、私たちはピクニックに行くつもりだ。


We will go on a picnic if it is fine tomorrow.

⇒ 時・条件を表す副詞節の中では未来のことでも現在形を用いる。


☆「時」・「条件」を表す接続詞

  • when ~
  • after ~
  • before ~
  • till ~:~までずっと(= until)
  • by the time ~:~までに
  • as soon as ~:~するとすぐに(= the moment [minute, second])
  • if ~
  • as [so] long as ~:~するかぎり
  • unless ~:~しないかぎり

 

2. [ ] you help me with my homework ?


① May

② Should

③ Shall

④ Will


【解答】④ Will

【和訳】私の宿題を手伝ってくれませんか。


Will you +原形~?:「~してくれませんか」の頻出表現!

 

3.Everyone thought that Jim [ ] later.


① comes

② will come

③ would come

④ comed


【解答】③ would come

【和訳】ジムは遅れてくると皆思っていた。


Everyone thought that Jim would come later.

⇒ 文の中心の動詞が過去(thought)なので、後ろの文も時制がずれる『時制の一致』

 

4.You [ ] come home early so as not to rain.


① had better not

② had not better

③ not had better

④ not better


【解答】① had better not

【和訳】雨にあわないように早く帰らないほうが良い。


had better+原形:「~したほうがよい」の否定形(②を選ばないように!)

 

5.They [ ] there, but they do not live now.


① were used to living

② used to living

③ used to live

④ would live


【解答】③ used to live

【和訳】彼らはかつてそこに住んでいたが、今は住んでいない。


used to+原形(かつて~だった、よく~したものだ)で過去を表す重要表現

 

6.I [ ] English for three years when I became sixteen years old.


① was studying

② have studied

③ had studied

④ studied


【解答】③ had studied

【和訳】私は16歳になったころには、英語を(すでに)3年間勉強していた。


I had studied English for three years when I became sixteen years old.

⇒ 16歳になったころ(過去)より以前に英語を勉強していたので過去完了形(大過去)!


☆ 英語では過去の表現が2つあると、順番を決める!(過去形と大過去)

 

7.She insisted that he [ ] up with the activities in school.


① could keep

② kept

③ keep

④ might keep


【解答】③ keep

【和訳】彼女は彼が学校活動に(しっかり)ついていくべきであると主張した。


She insisted that he keep up with the activities in school.

⇒ insistの後ろのthat節の中は、(should)+原形がくる(shouldは省略もできる!)


keep up with~ :~に遅れずについていく

 

8.Something was wrong with the door : it [ ] not open.


① used to

② would

③ might

④ should


【解答】② would

【和訳】このドアはどこか調子がわるい。どうしても開こうとしない。


助動詞willの意味は5つ!

  1. 現時点で発生した予定 〔~するつもりだ〕
  2. 現時点で発生した予測 〔~だろう〕
  3. 習慣,習性 〔いつも~する,~するものだ〕
  4. 強い意志 〔どうしても~しようとする〕:(否定文)強い拒絶 〔どうしても~しようとしない〕
  5. Will you ~? 〔~してくれませんか〕

 

9.When [ ] you come to Japan?


① has

② have

③ did

④ were 


【解答】③ did

【和訳】あなたはいつ日本に来ましたか。


⇒ 疑問詞When~?は、『ある1点』を表す語で、『範囲』表す完了形では使わない!


☆ 区別!

  • When did you +原形~?の(過去)時制
  • How long have you +p.p~?の完了時制

 

10.He was laughed [ ] his friends.


① at by

② on by

③ by

④ with by


【解答】① at by 

【和訳】彼は友達に笑われた。


⇒ laugh at~で「~を笑う」という意味の群動詞。受身にしても切り離さず使う!be laughed at (by~)

 

11.You [ ] be too careful when you drive a car.


① cannot

② have to

③ may

④ must not 


【解答】① cannot

【和訳】車を運転する際は、いくら注意してもしすぎることはない。


☆ You cannot be too careful when you drive a car.

⇒ cannot A too Bの重要表現。この文を暗記しておこう!

 

12.She spent many hours [ ] the student’s letter into English.


① by translation

② to translate 

③ translate

④ translating 


【解答】④ translating

【和訳】彼女は生徒の手紙を英語に翻訳するのに何時間も費やした。


spend +時間(お金)+(in) ~ing:~ingするのに…を費やす

 

13.When John lived in Oxford, he [ ] often come to see me.

 

① ought to

② would

③ should

④ used to 


【解答】② would

【和訳】ジョンはオックスフォードに住んでいたころ、よく私に会いにきた。


⇒ 過去の習慣を表すwouldは、would oftenでよく使われる。直後にoftenがなければ、④ used toも正解!

 

14.We are looking forward to [ ] you next week.


① see

② look

③ looking

④ seeing


【解答】④ seeing

【和訳】来週あなたにお会いするのを楽しみにしております。


look forward to ~ing:「~を楽しみにまつ」の重要表現!

 

15.Next month I [ ] Alice for 20 years.


① know

② will have known 

③ am knowing

④ will have been knowing 


【解答】② will have known

【和訳】来月でアリスと知り合って20年になる。


⇒ 来月(未来)+ずっと知っている(完了)状態が継続する「未来完了形」を選ぼう!

 

16.I wanted you [ ] to my new house last Sunday.


① come

② coming

③ came

④ to come


【解答】④ to come

【和訳】先週の日曜日にあなたに私の新築の家に(遊びに)来てもらいたかった。


want+人+to 原形:「人に~してほしい」の基本表現!

 

17.It is no use [ ] over spilt milk.


① to cry

② crying

③ being cry

④ cried


【解答】② crying

【和訳】こぼれた牛乳を嘆いても無駄だ(覆水盆にかえらず)


⇒ ことわざ表現!It is no use ~ing(~しても無駄だ)を使った重要表現。

 

18.The garden is filled with [ ] leaves.


① falling

② to fall

③ fallen

④ falled


【解答】③ fallen

【和訳】その庭は落ち葉でいっぱいだ。


⇒ 「落ちてしまった葉」の意味で是非、覚えておいてほしい分詞表現

 

19.He has good reason to get very angry. = He [ ] get very angry.


① may as well

② might as well

③ may well

④ may well as


【解説】③ may well

【和訳】彼が激怒する十分な理由がある。= 彼が激怒するのももっともだ。


may(might) well+原形:「~するのももっともだ」の助動詞慣用表現

 

20.Let’s have lunch here. = [ ] having lunch here?


① Shall we

② What

③ How about

④ Why not 


【解答】③ How about

【和訳】ここで昼食をたべよう。=ここで昼食をたべるのどうですか。


How about+~ing?  What about+~ing?:「~しませんか、するのはどうですか」の重要表現!

 

日本語をヒントに文法知識を使う

 


次の日本文(1~5)の意味になるように(   )内の語句を並びかえ、その5番目にくる番号を選びなさい。【※ 文頭にくる単語も小文字にしてあります】

 

1.私の母は、若い頃きれいだったにちがいない。

My( ① in ② must ③ beautiful ④ youth ⑤ been ⑥ her ⑦ have ⑧ mother ).


【解答】③ beautiful


私の母は、若い頃きれいだったにちがいない

⇒My mother must have been beautiful in her youth.

 ⑧-②-⑦-⑤--①-⑥-④

 

2.この花を日本語で何と呼びますか?

( ① Japanese ② this ③ is ④ what ⑤ called ⑥ in ⑦ flower )?


【解答】⑤ called


この花を日本語で何と呼びますか?(この花は日本語で何と呼ばれていますか?)

⇒What is this flower called in Japanese?

 ④-③-②-⑦--⑥-①

 

3. 大吹雪で時間通りにそこに着くことができなくなった。

The heavy snowstorm ( ① us ② get ③ for  ④ impossible ⑤ to ⑥ it 

⑦ made ) there on time.


【解答】① us


大吹雪で時間通りにそこに着くことができなくなった。(大吹雪が…到着を不可能にした。)

⇒The heavy snowstorm made it impossible for us to get there on time.

 ⑦-⑥-④-③--⑤-②

 

4.彼女の娘はとてもやさしかったので、私に本を貸してくれた。

( ① enough ② daughter ③ lend ④ kind ⑤ me ⑥ was ⑦ to ⑧ her

 ⑨ the book ). 

 

【解答】① enough


彼女の娘はとてもやさしかったので、私に本を貸してくれた。(私に本を貸すくらい十分親切だった。)

⇒Her daughter was kind enough to lend me the book.

 ⑧-②-⑥-④--⑦-③-⑤-⑨

 

5.私たちは、先生の冗談を笑わざるを得ない。

( ① joke ② laughing ③ we ④ teacher’s ⑤ at ⑥ cannot ⑦ our ⑧ help ).


【解答】⑤ at


私たちは、先生の冗談を笑わざるを得ない

⇒We can’t help laughing at our teacher’s joke.

 ③-⑥―⑧-②--⑦-④-①

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。