ロジカルノーツ

logical notes

「英検」を使って、国公立大学一般選抜を有利にする

【令和5年度国公立大学一般選抜】「英検」優遇措置 慎重にチェックしてはいますが、受験生の方は、各大学の要項を必ずご確認ください。また、その際には対象となる受検期間等の詳細もチェックしてほしいと思います。なお、特に断りがなければ、以下は、一般…

コロナ感染からの「受験断念」、からの再開|4浪目の受験ドキュメンタリー(10)9月上半期

大学受験生のIです。 8月下半期に書けなかったので、久しぶりのレポートになります。 まずは、ここ1ヶ月で僕に割と大きな心境の変化があったので、そのことについてお話ししようと思います。 コロナからメンタルの崩壊 実は、8月の下旬に新型コロナを患って…

「メンタルの危機」のなかで考えさせられたこと|4浪目の受験ドキュメンタリー(9)8月上半期

大学受験生のIです。 実は7月いっぱいは精神的に厳しい状態に陥ってしまい、今回、1カ月ぶりの「4浪目の受験ドキュメンタリー」となります。「7月下半期」の文章自体は作成していたのですが、管理者の吉崎先生と相談したうえで、いったん公開を見送ることに…

「受験生の孤独」との向き合い方

こんにちは。 当サイト管理者の吉崎です。 主な仕事は、大学進学希望者を対象とする受験サポート。「現代文」などの学科をすることもありますが、基本的には「小論文」や「面接」を担当しています。いまのスタイルの生活になったのが2009年。気づけば、すで…

ストレスコントロールについて考える|4浪目の受験ドキュメンタリー(8)7月上半期

大学受験生のIです。 前回の記事では夏以降の勉強計画を見直し、この7月上半期はそれを実行してみました。 www.logical-notes.com 09:00~12:00:【英検の対策】パス単、Z会速読英熟語、英検準一級英作文問題完全制覇 13:00~14:00:【古文・漢文・倫理政経…

記録=転がり落ちないための安全網|4浪目の受験ドキュメンタリー(7)6月下半期

大学受験生のIです。 英検の結果 先日に受けた英検の結果が返ってきました! 結果は・・・残念ながら、不合格でした。 正直、腕試しの意味合いも兼ねての受験だったので、受かるのは厳しいだろうとは思っており、さほどショックはなかったです。 内訳は、次…

なにが足りないのかを知るためのテスト|4浪目の受験ドキュメンタリー(6)6月上半期

英検準一級を受けました 大学受験生のIです。 もともと英語が苦手で、文章量が大幅に増えた共通テストに苦しめられ、2次試験でも英語で点数を落とし、2浪目の受験に失敗。3浪目の昨年度は、宅浪の厳しさを痛感し、受験を断念。いろいろな悩みや葛藤を経験し…

足を引っ張るのは他人じゃなく、自分の認知の歪み|4浪目の受験ドキュメンタリー(5)5月下半期

立ち直りました! 大学受験生のIです。 5月上旬に気持ちが落ち込み、5月上半期は勉強を進めることができませんでしたが、この下半期はおおむね計画通りに進みました。 09:00~12:00:英語(英検) 13:00~14:00:物理 14:00~15:00:化学 15:00~17:00:数…

周りと比べてしまうデメリットを言葉にする|4浪目の受験ドキュメンタリー(4)5月上半期

連休でペースが崩れました こんにちは。大学受験生のIです。 5月上半期の勉強レポートを公開する予定でしたが、今回はほとんど計画通りに進められませんでした。予定を何日か入れいていたこともあり想定はしていたのですが、二週目が気持ち的に一杯一杯にな…

計画+実行+振り返り+記録→前に進む原動力!|4浪目の受験ドキュメンタリー(3)4月下半期

大学受験生のIです。 一度は勉強から離れてしまった僕ですが、高校を卒業して4年目の今年、受験勉強を再開し、この場をお借りして、その記録を公開しています。 www.logical-notes.com 今回は、2022年4月下半期のレポートです。 当面の方針 英語:5月末の英…

努力を可視化し、自分を応援する|4浪目の受験ドキュメンタリー(2)~4月上半期

4浪目の大学受験生Iです。 僕は、高校卒業後、2年間は塾に通い、3年目の昨年度は「宅浪」し、結果としては「受験せず」に至りました。いろいろ悩み、落ち込み、どうしようもない不安感を覚えながらも、再度、大学受験に挑むことになりました。 www.logical-…

かつて「宅浪」の辛さから受験を諦めた僕の再挑戦|4浪目の受験ドキュメンタリー(1)

ご挨拶と自己紹介 はじめまして。 大学受験生のIと申します。4浪目です。 僕は、高校を卒業した後、2年ほど塾で受験勉強に専念してきたのですが、なかなか結果に結びつかず、昨年度は心機一転、いわゆる「宅浪」というかたちを選びました。 そう決めたとき…

理学部卒業後の足取り ~みんな今なにしてる?~

ロジカルノーツ読者の皆様、こんにちは。ひろっこりーです。 前回まで、3回にわたって生物学科での生活についてお話させていただき、やっと卒業までたどり着きました。いよいよ今回でこのシリーズはラストとなります。 www.logical-notes.com www.logical-n…

【後編】理学部の歩き方 ~どんなことを学ぶの?~

後編までお付き合いいただきありがとうございます。 ここでは、理学部生物学科で研究室に所属後どのようにして卒業論文(卒論)を書きあげるのか、についてお話させていただこうと思います。 ※ どなたでも読みやすいよう専門性の高い部分は大幅にカットして…

【前編】理学部の歩き方 ~どんなことを学ぶの?~

法学部を卒業後、理学部生物学科を再受験し、大学院にも進まれたひろっこりーさん。現在、スノーボードアクセサリー&アパレルブランド「ROUND snowboard gear」を運営されています。 www.roundsnow.com 今回、「理学部(生物学科)では、何をどのように学ん…

【LESSON 03】「意見」の言葉 - ほんの少し先の未来を見る「先読みリーディング」の技術

【例文3】 評判のラーメン店では、開店前から長い行列が発生することも多い。私の知る限り、その店舗の私有地ではなく、公共の道に列をなす。これが常態化している場合、ベビーカーや車椅子を使用する者にとって、その道は存在しないに等しい。 このような事…

理系学部の中でもっともミステリアスな学部、理学部 ~どんな人が理学部に行くの?~

おもしろい人と出会いました。ひろっこりーさんです。 大学法学部を卒業後、もともと好きだった動物の研究をしようと思いたち、再度大学受験を決意。理学部生物学科では都市型タヌキの生態調査で卒論を書き、大学院にも進学。 その後、JSBAスノーボードA級イ…

【LESSON 02】「選択」の言葉 - ほんの少し先の未来を見る「先読みリーディング」の技術

【例文2-1】 深夜、小腹が減ったときの強い味方であるカップ麺。このようなとき、私は、シーフード味のものではなく、カレー味のものを好んで食べる。 「どっち?」「こっち」の自演 「Aではなく、B」という表現。2つのもの(AとB)を比べ、後者(B)を選ぶ…

【LESSON 01】「列挙」の言葉 - ほんの少し先の未来を見る「先読みリーディング」の技術

【例文1】 おいしいラーメンについて語りたいと思う。まず、考慮しなければならない要素が「スープ」である。最近の流行である「つけめん」であれば、「タレ」と言ったほうが適切かもしれない。とにかく、麺や具材ではない液状のものだ。 そもそも、人は何を…

【新シリーズ】「ほんの少し先の未来を見る『先読みリーディング』の技術」をはじめます

実は、昨年、ロジカルノーツ名義で電子書籍を出版しようとしていました。まあ、オファーとかはありませんので、自費ですが。。 タイトルは、「ほんの少し先の未来を見る『先読みリーディング』の技術」です。 電子書籍出版計画の経緯 なぜ、そのようなことを…

【速読力】共通テスト対策としての英会話【リスニング力】

センター英語から共通テスト英語へ 今年、このロジカルノーツは、4年目を迎えました。 本来ならば、開設記念日にあたる2月6日に記事を公開したかったのですが、時世・時勢的にバタバタしてしまい、気づけば、GW過ぎ。。。 2018年の開設以来、ロジカルノーツ…

【けようの哲学コラム】なぜ、人は踊る?(4)最終回

けようです。 まだまだステイホームな日々が続きます。 閉塞感が拭えない日々で、皆さんも、ずんちゃかどんちゃか、踊りたい気分の時もあるのではないでしょうか?! 私は、踊りたいっ!!笑 さてさて、昨年秋にコミュニティダンスなるものに初めて触れたん…

【talks】アート×哲学×物理?!つなぐ対談(2)【けよう&杉本圭助(美術作家)】

www.logical-notes.com けよう:作品のベースに物理学って?人間が生み出したシステム(体系だった考え方)ってどういうことですか? 杉本圭助:物理も、哲学の定義と同じで、何もないところにルール(公式など)を作っていく。こう!と決めていく。 まず、…

【talks】アート×哲学×物理?!つなぐ対談(1)【けよう&杉本圭助(美術作家)】

社会が大きく変わっていく中、ロジカルノーツは、これからの人たちに求められる力は「自分の言葉でものを伝える力」であると考え、これまでにさまざまな分野の多様な人間の発言を取り上げてきました。 www.logical-notes.com www.logical-notes.com www.logi…

蝗害と聖書、そして一考え

今年は、コロナだけでなく、バッタの大量発生(蝗害)による食糧危機も大きな話題になっています。国連食糧農業機関(FAO)が動いている等のニュースに触れるたび、「サバクトビバッタめ・・・コロナのタイミングじゃなくてもいいじゃないか」と思います。 …

イタリア語会話実践編

(怠惰な性格、および、)コロナの影響もあり、更新頻度が随分と落ち込んできました・・・これはマズいと思っていた中、イタリアから寄稿が届きました。「とあるキリスト教教会関係者」さん、いつもありがとうございます! 多くのイタリア人が夏にバカンスに…

【けようの哲学コラム】なぜ、人は踊る?(3)

サマーです。けようです。 夏祭り、盆踊り、野外フェス (今年は見送らざるを得ない状況ですが・・) 踊りたくなってきましたね!! ドドンッ! さてさて、踊りについて考えるコラムですが 前回は、踊りは“遊び”でもあるのかな?遊ぶように踊るっていうし。 …

B2レベルを終えようとしているイタリア留学の現状

前の記事を書いてから、一月半ぐらいが経ってしまった。サボっていたわけではないのだが、取り立てて書くことがなかったのだ。平凡な日が続いていた。 「あっ、そろそろ何か書かないと・・・」と思っていたら、ロジカルノーツの鈴木さんから催促のメッセージを…

【talks】博士論文、結婚、子育て、そして海外フィールドワーク【上智大学ガラーウィンジ山本香さん】

ロジカルノーツの読者の皆様、こんにちは。Wです。 いま大学院への進学者は少なくありません。ロジカルノーツのライターのけようさんのように、学部から大学院へ進み、修了後に社会人生活を経て、再度、異なる学術領域の大学院へ進学された方もいます。 www.…

【けようの哲学コラム】なぜ、人は踊る?(2)

けようです。 今日は、夏至。 一年で一番日が長い季節に突入しているとは。 冬のコロナから時間がワープして、あっという間に夏になった気がします。 ぐるぐると地球はリズムに乗って、巡っています。 リズム、リズム。じゅげむじゅげむ。 さてさて、踊りに…

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。